つながっている、ひろがってゆく。交流

交流トップページへ戻るボタン

記事検索アイコン
記事検索
CLOSE
このページをシェアする
  • ライン
ワタナベマキ 今日のごちそうさま

No.
114
大晦日の定番ビーフシチュー

2019.12.16

大晦日は大掃除やお正月の準備、おせち料理づくりなどで忙しい日。煮込むだけのビーフシチューが我が家の定番です。元旦からおせちの和風になるので、大晦日は洋風を楽しみます。

  • ◎ 材料・4人分
  • ◆牛すね肉 300g
  • ◆玉ねぎ 1個
  • ◆にんじん 1本
  • ◆インゲン豆 12本
  • ◆じゃがいも(メークインがオススメ) 3個
  • ◆ローリエ 1枚
  • ◆赤ワイン 400ml
  • ◆トマトピューレ 大さじ4
  • ◆水 200ml
  • ◆薄力粉 大さじ2
  • ◆塩 小さじ1/2
  • ◆ウスターソース 大さじ2
  • ◆しょうゆ 大さじ1
  • ◆粗挽き黒こしょう 少々
  • ◆オリーブオイル 大さじ1
  • ◆バター 大さじ1
  • ◎ 作り方
  • 1.牛すね肉は常温に戻し、塩をよくすり込み、薄力粉をまぶす。
  • 2.玉ねぎは6等分のくし形に切り、にんじんは縦に2等分に切る。
  • 3.鍋を中火で熱し、オリーブオイルを入れ、1を加えて、表面全体に焼き目をつける。
  • 4.玉ねぎとローリエを加え玉ねぎが透き通るまで炒め、赤ワイン、トマトピューレ、水を加えてひと煮立ちさせアクをとる。
  • 5.蓋をして時々混ぜながら弱火にし約50分煮て、にんじん、インゲン豆、皮をむき2等分に切って面取りしたじゃがいもを入れる。じゃがいもの面取りをした部分も加えると溶けてとろみに。
  • 6.再度ひと煮立ちさせ蓋をし、弱火で15分煮て、ウスターソース、しょうゆ、塩少々(分量外)を加えて味を調え、バターと黒こしょうを加えてなじませる。
このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • ワタナベマキ
  • 料理家

NHK「きょうの料理」などのテレビ番組や女性誌での連載ページをもつ大人気の料理家。中学生の息子と夫の3人暮らし。仕事だけでなく、家庭でも家族のためにもおいしいごはんをつくり、ていねいな暮らしを実践。冊子「交流」では初めてのエッセイの執筆に挑戦し、さまざまな側面をみせている。

pagetop