つながっている、ひろがってゆく。交流

交流トップページへ戻るボタン

記事検索アイコン
記事検索
CLOSE
このページをシェアする
  • ライン
ワタナベマキ 今日のごちそうさま

No.
114
鮭ときのこの紙包み焼き

2020.01.20

秋に旬を迎える鮭は、同じく秋の食材のきのこと一緒に味付けして紙包み焼きにします。紙包みの状態で冷凍しておけば、そのまま加熱するだけでOK。多めにつくってストックしておくといいですね。オーブンを使わなくてもフライパンと蓋さえあればつくれちゃうのでお手軽です。

  • ◎ 材料・4人分
  • ◆生鮭 2切れ
  • ◆きのこ(しめじ、エリンギなど)合わせて100g
  • ◆酒 大さじ2
  • ◆かぼすスライス 4枚
  • ◆しょうゆ 小さじ2
  • ◆塩 小さじ1/3
  • ◎ 作り方
  • 1.鮭は塩をふって約10分おき、出てきた水分をペーパーでふく。
  • 2.しめじは石突きを取ってほぐし、エリンギは石突きを取って長さを半分にし、縦に7~8mm厚に切る。
  • 3.オーブンシートに1と2をのせ、酒をふって包み、冷凍する。
  • 4.フライパンに冷凍した状態の3をのせ、弱めの中火で蓋をして、約10~12分蒸し焼きにする。
  • 5.食べる直前にかぼすのスライスとしょうゆをかける。
このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • ワタナベマキ
  • 料理家

NHK「きょうの料理」などのテレビ番組や女性誌での連載ページをもつ大人気の料理家。中学生の息子と夫の3人暮らし。仕事だけでなく、家庭でも家族のためにもおいしいごはんをつくり、ていねいな暮らしを実践。冊子「交流」では初めてのエッセイの執筆に挑戦し、さまざまな側面をみせている。

pagetop