つながっている、ひろがってゆく。交流

交流トップページへ戻るボタン

記事検索アイコン
記事検索
CLOSE
このページをシェアする
  • ライン
ワタナベマキ 今日のごちそうさま

No.
115
そうめん弁当

2020.03.02

そうめんをお弁当にすると言うとビックリされます。一口大に丸めてお弁当箱に詰めると、お箸ですくってめんつゆに入れて食べられるので、実はとっても便利で簡単!夏には、保温ボトルに濃いめのつゆと氷を入れて持たせればOKですよ。冷蔵庫に入っている保存食も入れると、めんつゆにつけたり、そのまま食べたりできます。そうめんだけで飽きない工夫です。

  • ◎ 材料(つくりやすい分量)
  • ◆そうめん 2束
  • ◆ささ身の酒蒸し 1本
  • ◆白いりごま 少々
  • ◆ゆで卵、茹で野菜など 適量
  • ◆めんつゆ 適量
  • ◎ 作り方
  • 1.そうめんは袋の表示通りに茹でて冷水にさらし、水気をしっかりと切って、さらにペーパーで水気をふく。
  • 2.1を一口大にまるめてお弁当箱に詰める。
  • 3.ささ身の酒蒸しは細くさき、お弁当箱に入れて白いりごまをふる。
  • 4.ゆで卵や茹で野菜などをそえ、めんつゆは温めて保温ボトルに入れる。
  • 〈ささ身の酒蒸し〉
  • ◆ささ身 6本
  • ◆酒 80ml
  • ◆水 適量
  • ◆塩 小さじ1/2
  • ◎ 作り方
  • 1.ささ身は筋を取り、フライパンに重ならないようにいれる。
  • 2.酒とひたひたの水を加えて中火にかけ、煮立ったら蓋をして弱火で約1分半蒸し煮にし、全体に塩をふったら火を止めてそのまま冷ます。
  • 3.粗熱がとれたら、冷蔵庫に入れて約5日間保存可能。
このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • ワタナベマキ
  • 料理家

NHK「きょうの料理」などのテレビ番組や女性誌での連載ページをもつ大人気の料理家。中学生の息子と夫の3人暮らし。仕事だけでなく、家庭でも家族のためにもおいしいごはんをつくり、ていねいな暮らしを実践。冊子「交流」では初めてのエッセイの執筆に挑戦し、さまざまな側面をみせている。

pagetop