つながっている、ひろがってゆく。交流

交流トップページへ戻るボタン

記事検索アイコン
記事検索
CLOSE
このページをシェアする
  • ライン
ワタナベマキ 今日のごちそうさま

No.
115
春巻きの薄焼き卵焼き

2020.04.01

卵で巻くことで中華風のオムレツのような仕上がりになります。春巻きとも卵焼きとも違って、別の味の印象になるから不思議です。
卵が半熟の状態で春巻きを置き、そのまま卵に火が通るまで加熱すれば、春巻きの皮と卵が密着して剥がれにくくなりますよ。わが家では前日の夜のおかずの春巻きを翌朝アレンジしています。

  • ◎ 材料(つくりやすい分量)
  • ◆春巻きの皮 10枚
  • ◆豚もも肉薄切り 200g
  • ◆キャベツ 150g
  • ◆にんじん 50g
  • ◆茹でタケノコ 120g
  • ◆片栗粉 大さじ1.5
  • ◆ごま油 小さじ2
  • ◆卵 春巻き1に対して1
  • ◆ 調味料A
  • 酒 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1
  • 塩 小さじ1/3
  • ◎ 作り方
  • 1.豚肉、キャベツ、にんじん、タケノコはすべて細切りに切る。
  • 2.豚肉は片栗粉を全体にまぶす。
  • 3.フライパンにごま油を敷き、2を中火で炒める。軽く火が通ったら1の野菜を入れて、しんなりしたら調味料Aを加える。
  • 4.全体が馴染むまで炒めたら、バットに移して粗熱をとる。
  • 5.4を10等分し、春巻きの皮に巻いて、小麦粉(大さじ1.5/分量外)と水(大さじ1/分量外)を溶いたもので閉じる。
  • 6.中火できつね色になるまで揚げる。
  • 7.フライパンにごま油(分量外)を敷き、溶き卵を入れて、薄焼き卵をつくる。
  • 8.卵の上に春巻きを置き、フライパンの中で転がして巻き上げる。
このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • ワタナベマキ
  • 料理家

NHK「きょうの料理」などのテレビ番組や女性誌での連載ページをもつ大人気の料理家。中学生の息子と夫の3人暮らし。仕事だけでなく、家庭でも家族のためにもおいしいごはんをつくり、ていねいな暮らしを実践。冊子「交流」では初めてのエッセイの執筆に挑戦し、さまざまな側面をみせている。

pagetop