つながっている、ひろがってゆく。交流
このページをシェアする
  • ライン
2021.06.15

スパイスを味方にしたら料理はぐんと楽しくなる!

スパイス料理というとなんだか難しそうに感じるかもしれませんが、テーブルコショーや山椒の粉を味のアクセントで使うのと同じ感覚で、野菜や肉、魚に手軽に使うのが、我が家のスパイス料理です(笑)。

キッチンにはいつも数種類のスパイスを常備していて、クミンなら肉によく合うからちょっと入れてみよう、今日はカレーライスだからターメリックを加えてごはんを炊こうかな、という感じで使っています。コリアンダーはクミンとの相性が良いのでよく使いますし、お肉を焼く時にこの2つを入れると、いつもの味がワンランクアップしたような料理になるので、ぜひお試しください。
スパイスの組み合わせがよくわからない…という方には、まずはカレーパウダーをオススメします。この写真のカレーパウダーは私が好きで使っているものですが、やさしい味わいで日本の食材にもよく合うと思います。カレーパウダーを使うことに慣れていくと、自分の好きなスパイスがわかるようになるはずです。
スパイスの保存についてもよく聞かれるのですが、基本的に常温保存です。傷みが心配なら、なるべく小パックのものを買って密閉容器に入れ、冷暗所に置くようにしましょう。賞味期間は割と長いと思いますが、それを気にするより積極的に使っていくことの方がスパイスマスターへの近道でしょうね。

そして辛い味が苦手だからスパイスを敬遠しちゃうという方、唐辛子の一種であるカイエンヌペッパーを使わなければ辛みはないので安心してください。スパイス料理の本場・インドの家庭料理も決して辛くないんですよ。スパイスは香りが高く、油やバター、乳製品などとも相性が良く、食欲増進の効果もあります。ぜひ気軽に使ってみてくださいね。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • ワタナベマキ
  • 料理家

NHK「きょうの料理」や日本テレビ「キューピー3分クッキング」などの長寿料理番組や女性誌で大人気の料理家。著作は多数で、オンラインによる料理教室も主宰。中学生の息子と夫、猫 2匹と暮らす。

https://maki-watanabe.com/

pagetop