つながっている、ひろがってゆく。交流
このページをシェアする
  • ライン
ワタナベマキ 今日のごちそうさま

No.
122
思い出のあんかけ焼きそば

2021.12.01

わたしの父も母も料理は大好きです。わたしが子どもの頃、休日ゆっくり起きた日は、父があんかけ焼きそばをよくつくってくれました。市販のかた焼きそばを使っていましたが、家族みんなであんかけ焼きそばを食べたのが懐かしい思い出です。ここで紹介するレシピは、父がつくってくれた味を思い出しながら書きました。市販のあんかけソースも美味しいですが、せっかくなら海鮮と野菜をたっぷり使って、我が家の好みでつくりたいですね。

  • ◎ 材料(4人分)
  • ◆海老 12尾
  • ◆あさり 200g
  • ◆長ネギ 1本
  • ◆白菜 200g
  • ◆うずら卵(茹でたもの)8個
  • ◆しょうが千切り 1かけ分
  • ◆揚げ焼きそば麺 280g
  • ◆酒 大さじ2
  • ◆みりん 大さじ2
  • ◆水 300ml
  • ◆しょうゆ 大さじ2
  • ◆塩 小さじ2/3
  • ◆ごま油 大さじ1
  • ◆片栗粉 大さじ2
  • <調味料A>
  • ◆水 大さじ1
  • ◆片栗粉 大さじ1
  • ◎ 作り方
  • 1.海老は背ワタを取り、尾を残して殻を剥き、片栗粉でもみ洗いして流水で洗う。
  • 2.あさりは砂出しをする。長ネギは斜め薄切りにする。白菜は削ぎ切りにする。
  • 3.フライパンにごま油としょうがを入れて中火にかける。香りがたったら長ネギと白菜の茎部分をいれてさっと炒める。
  • 4.少ししんなりしたら、酒、みりん、水を入れてひと煮立ちさせ、1、2、白菜の葉、うずら卵をいれ、再度ひと煮立ちさせる。
  • 5.蓋をして弱火で約4分あさりの口が開くまで蒸し煮にし、しょうゆ、塩を加える。
  • 6.火を止め合わせた調味料Aを回し入れ、中火にかけ煮立たせながらとろみをつけ、ごま油小さじ2(分量外)をまわしいれる。
  • 7.器に麺をほぐしてのせ、6をかける。
このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • ワタナベマキ
  • 料理家

NHK「きょうの料理」や日本テレビ「キューピー3分クッキング」などの長寿料理番組や女性誌で大人気の料理家。著作は多数で、オンラインによる料理教室も主宰。中学生の息子と夫、猫 2匹と暮らす。

https://maki-watanabe.com/

pagetop