つながっている、ひろがってゆく。交流
このページをシェアする
  • ライン
ワタナベマキ 今日のごちそうさま

No.
122
秋鮭と野菜の炊き込みごはん

2022.01.04

休日のごはんでは、鍋ごとテーブルにどーんと置いてみんなで好きなだけとって食べる炊き込みご飯をよくつくります。秋から冬にかけて脂ののりがよくなる鮭を主役に、銀杏とれんこんを加えて炊きます。鮭はしっかり焼き目をつけてから入れるので生臭みがなく、旨味が米に染み込みます。鮭の色合いがとてもキレイなのと焼き目の香ばしさで部屋に香りが漂うので、テーブルの上で蓋をとると、わぁ!と声が上がりますよ。仕上げのゆずは、ぜひテーブルの上でかけてください。より美味しさが引き立ちます。

  • ◎ 材料(4人分)
  • ◆生鮭 2切れ
  • ◆米 2合
  • ◆れんこん 200g
  • ◆銀杏(殻をむいて茹でたもの)8粒
  • ◆ゆずの皮 少々
  • ◆細ネギ 2本
  • ◆塩 小さじ1/2
  • <調味料A>
  • ◆だし汁 380ml
  • ◆酒 大さじ1
  • ◆しょうゆ 大さじ1
  • ◆塩 小さじ1/2
  • ◎ 作り方
  • 1.鮭は塩をふり約10分置いて水気をペーパーで丁寧にふき、魚焼きグリルに入れて強火で表面に焼き目がつくまで3〜4分焼く。
  • 2.米は洗い、ざるにあげる。れんこんは皮を剥き、約1cm厚のいちょう切りにする。
  • 3.鍋に2、銀杏を入れてひと混ぜし、1をのせて調味料Aをそそぐ。
  • 4.蓋をして強火にかけ煮たったら弱火にし12分炊き、30秒ほど強火にし火を止め10~15分蒸らす。
  • 5.器に盛り、小口切りにした細ネギと擦りおろしたゆずの皮をちらす。
このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • ワタナベマキ
  • 料理家

NHK「きょうの料理」や日本テレビ「キューピー3分クッキング」などの長寿料理番組や女性誌で大人気の料理家。著作は多数で、オンラインによる料理教室も主宰。中学生の息子と夫、猫 2匹と暮らす。

https://maki-watanabe.com/

pagetop