つながっている、ひろがってゆく。交流

交流トップページへ戻るボタン

記事検索アイコン
記事検索
CLOSE
このページをシェアする
  • ライン
クリス・グレンの産業Impression!

No.
112
初代は時の藩主にも認められた凄腕だった

2019.06.17

石塚硝子の初代・石塚岩三郎氏は、長崎でガラスに出会い、製造方法を学んだ後、現在の岐阜県可児市土田でガラス作りを始めます。江戸時代は、まだまだガラスは一般には普及していない高級品。尾張藩主・徳川慶勝公に認められ、ビードロ細工の注文を受けていたと言います。その注文に応えるため、材料を仕入れる資金を借りた際の証文が今も同社に残されています。
明治に入り、工場を名古屋に移した後は、ガラス産業の成長とともに、器や電球、ランプカバーなどより広く一般に向けた製品の製造を行っていきます。
「初代の岩三郎さんは、きっと新しいもの好きで、なんでもチャレンジする人だったんでしょうね。当時、すべてハンドメイドでガラスをつくるのは、相当な根気と技術が必要だったはず!」(クリス)

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • クリス・グレン
  • ラジオDJ / タレント / インバウンド観光アドバイザー

オーストラリア出身。愛知県名古屋市在住。ラジオDJ、タレント、レポーターなどマルチに活躍。趣味は戦国史の研究、城めぐりなど。近年は外国人目線での地域の魅力発掘や情報発信などを行うインバウンド観光アドバイザーとしても活動。ZIP-FM『RADIO ORBIT』(日曜10:00 ~ 13:00)レギュラー放送中。

http://www.chris-glenn.com/

pagetop