つながっている、ひろがってゆく。交流

交流トップページへ戻るボタン

記事検索アイコン
記事検索
CLOSE
このページをシェアする
  • ライン
クリス・グレンの産業Impression!

No.
115
ねじの製造現場を見学!

2020.03.16

興津螺旋の工場では、日々大量のねじが生産されています。素材や大きさ、形はさまざまで、主につくられているのは乗り物や住宅などに関連するメーカーからの受注品です。年間で約7000種類、1日に約200万本が生産されているというから驚きです。
ねじがどのようにつくられているか、ご存知でしょうか?
ワイヤー状の金属原料を必要な長さに切り、まずは圧力を加えて頭の部分を成形します。その後、多数の筋が入った型に力を加えながら転がす「転造」と呼ばれる方法でギザギザとしたねじ山の部分を成形します。
ねじの素材が鉄だった頃は、削ってつくる「切削」を用いていたそうです。
製造工程を見学したクリスさんは興味津々。
「ねじがどうやってつくられるのか、こどもの頃から気になっていたのですが、今日わかりました!」(クリス)

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • クリス・グレン
  • ラジオDJ / タレント / インバウンド観光アドバイザー

オーストラリア出身のラジオDJ。名古屋市在住。ナレーターやイベントMC、執筆業のほか、インバウンド向けの情報発信に関するコンサルティングを行うなど、多方面で活躍中。趣味は戦国時代の歴史研究、城めぐり、甲冑武具の収集など。“日本人よりも日本人”な外国人として注目されている。現在のレギュラー番組はZIP-FM『RADIO ORBIT』(日曜10:00~13:00)。

http://www.chris-glenn.com/

pagetop