つながっている、ひろがってゆく。交流

交流トップページへ戻るボタン

記事検索アイコン
記事検索
CLOSE
このページをシェアする
  • ライン
クリス・グレンの産業Impression!

No.
117
柔軟な発想力を持つ企業DNA

2020.09.28

注目すべきは、初代社長の発想力と行動力。
当時主流だった「棒麸」は、遠方へ運ぶうちに折れるなどして商品価値が下がってしまうことから、最初から切って販売する「切り麸」を考案。それが今では全国的にスタンダードに。
また、商品開発途中で余った麸を何かに活かせないかと、釣エサ業者に販売。釣エサ原料の販売は今でも事業として残っています。
商品プロデュースの面では、商品のネーミングにもこだわりました。販売先の問屋さんと相談して「あわ雪麸」「白菊麸」が誕生。どのメーカーも商品名に違いがなかった当時、既成概念を覆し、同社のロングセラー商品となりました。
さらに、各地域の地元で営業マンを採用して営業所を設けず自宅から直接現場へ向かうという、当時としては画期的な手法を採用。地域に根ざした営業活動で問屋さんから信頼を勝ち得てきました。
「これらがまさに、敷島産業さんの強みになっているのでしょう!」(クリス)

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • クリス・グレン
  • ラジオDJ / タレント / インバウンド観光アドバイザー

オーストラリア出身。愛知県名古屋市在住。ラジオDJ、タレント、レポーターなどマルチに活躍。趣味は戦国史の研究、城めぐりなど。近年は外国人目線での地域の魅力発掘や情報発信などを行うインバウンド観光アドバイザーとしても活動。ZIP-FM『RADIO ORBIT』(日曜10:00 ~ 13:00)レギュラー放送中。

http://www.chris-glenn.com/

pagetop