つながっている、ひろがってゆく。交流
このページをシェアする
  • ライン
クリス・グレンの産業Impression!

No.
119
インキとゴムの高度な技術

2021.04.05

ユーザーに長く使ってもらえる愛される商品を。それがシヤチハタのモノづくりの精神です。「Xスタンパー」はインキ補充を繰り返して、約100,000回押すことができると言うから驚き。ゴムの素材に塩を練り込んで成形し、後に塩だけを抜くことでスポンジ状にしてインキが染み込む構造になっています。言葉だけだと簡単そうに聞こえますが、実現するには他では真似できない大変な時間と労力がかかっているはず。
シヤチハタの商品の根底にあるのは、インキの開発力とそのインキに合うゴムを製造できる技術力。紙だけでなく金属やプラスチックなど、ユーザーの希望に応じて押す対象はさまざまに広がり、確かな技術力でそれに応えてきました。
インキの技術を生かして筆記具の商品化も行ってきました。筆記具のシリーズ「アートライン」は、特にアジア圏で支持されています。
元はスタンプ台をつくっていたのが、スタンプ台いらずの商品を開発したり、コンピュータの登場でいち早く電子印鑑を商品にしたりと、いかに使う人が便利になるかを追求する中で、それまでの自分たちの商品を否定し進化してきた点も特徴的です。
「アートラインは、ボクもオーストラリアにいたときからずっと愛用しています!シヤチハタさんの商品だと知ってビックリ!」(クリス)

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • クリス・グレン
  • ラジオDJ / タレント / インバウンド観光アドバイザー

オーストラリア出身。名古屋市在住。ラジオDJとしてZIP-FM『RADIOORBIT』(日曜10:00〜13:00)を担当、テレビ出演も多数。地域の魅力の掘り起こしや情報を発信するインバウンド観光アドバイザーとしても活躍中。

http://www.chris-glenn.com/

pagetop