ここでは、2021年1月に発売した世界初の 中部電力|交流|クリス・グレン|ローランド株式会社
つながっている、ひろがってゆく。交流
このページをシェアする
  • ライン
2021.06.15

ローランド株式会社

どーも、どーも、どーも! クリス・グレンです!
ボクが中部地域の産業の現場をリポートするこのコーナー、今回は電子楽器でおなじみの「ローランド株式会社」へ行ってきました。ローランドといえば、シンセサイザーや打ち込みのマシンで、1970〜80年代のミュージックシーンに大きな影響を与えましたね!
少年時代に大好きだったミュージシャンが皆使っていたのを憶えています。

ローランドは、1972年(昭和47年)に大阪市で創業。現在は本社や国内工場などを静岡県浜松市に置き、世界各地に事業所や製造工場が点在しています。創業当初から先鋭的な電子楽器を次々に開発・販売し、またたく間に世界のプロミュージシャンから支持されるメーカーとなりました。もちろん、現在も愛され続けていて、とくに電子ドラム、電子ピアノのシェアはとても高いそうです。

今回まず訪れたのは、都田(みやこだ)工場。ご案内いただいのは、グローバル生産部長の岡本 賢さん、同部プロダクショングループ リーダーの岡本義昭さんのお二人。
ここでは、2021年1月に発売した世界初の“担ぎ桶”スタイルの電子和太鼓「TAIKO(タイコ)-1」やカリモク家具とコラボレーションした電子ピアノ「KIYOLA(きよら)」など、メイド・イン・ジャパンにこだわった高付加価値製品をつくっています。TAIKO-1の製造工程やきよらの音質チェックの様子など貴重なシーンを見ることができました。
次に向かったのは浜松研究所。ここには、ローランドの歴代の楽器がズラリと展示されていて壮観! 会社と楽器の歴史やモノづくりへの想い、電子楽器の未来などを執行役員の水本浩一さんにお話いただきました。

詳しくは、「交流」120号を読んでね!

ローランド株式会社
URL https://www.roland.com/jp/
このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • クリス・グレン
  • ラジオDJ / タレント / インバウンド観光アドバイザー

オーストラリア出身。名古屋市在住。ラジオDJとしてZIP-FM『RADIOORBIT』(日曜10:00〜13:00)を担当、テレビ出演も多数。地域の魅力の掘り起こしや情報を発信するインバウンド観光アドバイザーとしても活躍中。

http://www.chris-glenn.com/

pagetop