つながっている、ひろがってゆく。交流
このページをシェアする
  • ライン
2021.12.01

株式会社トシプラ

どーも、どーも、どーも! クリス・グレンです!
ボクが中部地域の産業の現場をリポートするこのコーナー。今回は、初めて滋賀県の企業を訪ねました。

株式会社トシプラは、プラスチック製品のブロー成形を行なう製造会社。
創業は1989年(平成元年)10月。利川 暉(あきら)さんが、自身の持つプラスチックブロー成形の技術とモノづくりのアイデア力で、さまざまな企業からの依頼に応えてきました。取得している特許は11にものぼります。
主力の製品は、水上に浮かべる足場「PK2(ぷかぷか)フロート」や埋設管のつなぎ目に使うプラスチックと不織布を結合した継手「アクアフィット」など。

一方で、いつか自社製品を世に出したいと考えていた暉さん。アメリカ視察旅行で多くのポリタンクが使われているのを見て、「これならブロー成形でできる!オリジナルで、もっと便利で良いものをつくろう!」と決意します。
そうして自社製品開発に乗り出したのは良かったのですが、日頃の業務と並行して行なうには手が足りなくなって、次女の智子さん、三女の綾子さん、四女の舞子さんの娘さんたちに声をかけます。
これがトシプラにとっての大きな転機となりました!
智子さんは営業、綾子さんは工場管理、舞子さんは設計と、それぞれ得意な分野を担い、暉さんをサポート。

約8年をかけて、念願の自社製品「TANK-U(タンク・ユー)」を2018年にリリース。2人で運べるポリタンクは防災用品としても注目されています。
「TANK-U」の完成と時を同じくして、智子さんが代表取締役社長に就任。暉さんは“開発長”の肩書で、好きなモノづくりに没頭できるようになりました。
ボクが最も注目したのは、この家族がお互いリスペクトしあって製造業を営んでいる姿です。

他にも、創業当時から働き方に対して先進的な考えをお持ちだったり、チャレンジドの受け入れに積極的だったりと注目点がたくさん。

詳しくは、冊子「交流」122号 を読んでくださいね!

株式会社トシプラ
URL https://toshipla.com/
このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • クリス・グレン
  • ラジオDJ / タレント / インバウンド観光アドバイザー

オーストラリア出身。名古屋市在住。ラジオDJとしてZIP-FM『RADIOORBIT』(日曜10:00〜13:00)を担当、テレビ出演も多数。地域の魅力の掘り起こしや情報を発信するインバウンド観光アドバイザーとしても活躍中。

http://www.chris-glenn.com/

pagetop