つながっている、ひろがってゆく。交流
このページをシェアする
  • ライン
交流Interview SPOT LIGHT

No.
120
豊橋愛に溢れたご当地漫画

2021.06.28

愛知県豊橋市で暮らす漫画家の佐野 妙さん。複数の連載を抱える彼女の作品のなかでも、中部地域のみなさんにぜひ読んでいただきたいのが地元・豊橋を題材にした『だもんで豊橋が好きって言っとるじゃん!』です。県外から転校してきた高校一年生の主人公・国元ほのかが豊橋愛あふれる先輩・吉田ちぎりをはじめとするクセの強いキャラクターたちに囲まれながら、豊橋の食べ物や習慣・方言・文化などについて知り、次第に愛着を抱いていく物語。
企画を提案した編集担当からは「食にしても、文化にしても豊橋は独自のものが多いので、一読者として非常に新鮮に読むことができます。連載開始の頃、佐野先生は“いつまでネタが続きますかね~”なんて仰っていましたが、まだまだ掲載しきれていないネタがたくさん。また、豊橋に住んでいらっしゃる方々の熱量がすごい!書店さま、地元の方々、ツイッターでの反応など、どれも桁外れでした」とのコメントが。
この熱量が“だも豊”という作品の魅力そのものなのかもしれません。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • 佐野 妙

愛知県豊橋市生まれ。市内の小・中・高校・専門学校に進学。地元企業に就職する。2006年(平成18年)にプロの漫画家としてデビュー。2007年「まんがライフMOMO」にて『森田さんは無口』連載スタート。現在は複数の連載を抱えながら、小学生男児の母として子育てにも奮闘中。

https://twitter.com/sttae

pagetop