つながっている、ひろがってゆく。交流
このページをシェアする
  • ライン
エネがお

No.
122
コロナ禍で生まれた「エアロコ」

2021.12.01

新型コロナウイルス感染症は、一般のご家庭の暮らしはもちろん、社会全体の経済に対しても、多大な影響を及ぼしています。

中部電力は、安心で快適な環境づくりのために、「CO2濃度の見える化」に関心が高まっていることに着目し、最適な換気をお手伝いすることができないかと、新たなサービス開発に取り組みました。

サービスの企画・開発の中心となったのは、中部電力の新規事業開発部門である「事業創造本部」。中部電力ミライズの法人のお客さまでもある企業や店舗からのニーズ発掘を、事業創造本部と中部電力ミライズとで行い、2021年6月、換気状態の見える化サービス「エアロコ」の提供を開始しました。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
pagetop