つながっている、ひろがってゆく。交流

交流トップページへ戻るボタン

記事検索アイコン
記事検索
CLOSE
このページをシェアする
  • ライン

No.
110
【小饅頭】清水屋

徳川幕府が渡船架橋を禁じたため、大井川の渡しを待つ旅人によって賑わった東海道・島田宿。清水屋の5代目が紀州の浪人と知り合い、この酒饅頭の製法を伝授されました。松平不昧公が一口で食べられるサイズが良いとアドバイスされた逸話が残されています。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • 畑 主税
  • バイヤー

全国1,000軒以上の和菓子店を駆け巡り、10,000種類以上の和菓子を食べた、高島屋全店の和菓子担当バイヤー。自分の足で稼いだ和菓子情報を発信するプライベートブログ「和菓子魂!」が大人気。著作に『ニッポン全国 和菓子の食べある記』(誠文堂新光社)。

http://blog.livedoor.jp/wagashibuyer/

pagetop