つながっている、ひろがってゆく。交流
このページをシェアする
  • ライン
御菓子の歳時記

No.
116
【かがり焼鮎】奈良屋本店

2020.06.01

天保元年(1830年)創業の老舗からは、長良川の鮎をかたどった焼菓子をご紹介。卵・小麦粉・砂糖などが原料で水は一滴も加えられておらず、卵黄の水分だけで焼き上げています。一つ一つ手作業で並べて、オーブンで焼いている間は一時も目が離せないのだとか。焼き上がりの瞬間に取り出すという職人技が軽やかな食感を生んでいるのだと思います。焼きムラがあるのは手作業だから、そして、それがまた愛らしい表情となっています。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • 畑 主税
  • バイヤー

全国1,000軒以上の和菓子店を巡り、10,000種類以上の和菓子を食べた高島屋全店の和菓子担当バイヤー。著作に「ニッポン全国和菓子の食べある記」(誠文堂新光社)。

http://blog.livedoor.jp/wagashibuyer/

pagetop