つながっている、ひろがってゆく。交流
このページをシェアする
  • ライン
御菓子の歳時記

No.
120
【荒磯】両口屋是清

2021.06.15

夏のお菓子というと透明感のある涼やかな色合いのものが多いなか、この生菓子「荒磯」は黒糖の濃い茶色が特徴で、ハッと目を引きます。よく見ると透明感があり、葛独特のやわらかそうな風合いがなんとも夏らしい。荒波を受ける磯の岩肌をイメージさせているのだそうです。日が長い夏の夕暮れに、海辺に立った時の風景が頭に浮かんでくるよう。黒糖はミネラル豊富で疲労回復に効果があるといわれているので、夏にぴったりの素材なのだとか。老舗の真夏限定の生菓子をぜひ味わっていただきたいですね。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • 畑 主税
  • バイヤー

全国1,000軒以上の和菓子店を巡り、10,000種類以上の和菓子を食べた高島屋全店の和菓子担当バイヤー。著作に「ニッポン全国和菓子の食べある記」(誠文堂新光社)。

http://blog.livedoor.jp/wagashibuyer/

pagetop