つながっている、ひろがってゆく。交流
このページをシェアする
  • ライン
御菓子の歳時記

No.
122
鳴海潟なるみがた菊屋茂富きくやしげとみ

2021.12.13

店の住所にもなっている「鳴海(なるみ)」は、東海道の宿場町というだけではなく、海に面した観光地でもあったそうだ。鳴海・有松絞りの産地としても有名な有松(ありまつ)は隣町。昔から観光客や旅人が往来した東海道の海のある街として、鳴海の風景は名所図会などにも描かれている。これは、鳴海の海岸沿いで見られたと思われる風景で、波と千鳥を表している。阿波の和三盆糖でつくられた干菓子で、淡い色調が上品。日持ちがするので贈り物にもぴったりだ。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • 畑 主税
  • バイヤー

全国1,000軒以上の和菓子店を巡り、10,000種類以上の和菓子を食べた高島屋全店の和菓子担当バイヤー。著作に「ニッポン全国和菓子の食べある記」(誠文堂新光社)。

http://blog.livedoor.jp/wagashibuyer/

pagetop