つながっている、ひろがってゆく。交流
このページをシェアする
  • ライン
御菓子の歳時記

No.
122
【寒椿】御菓子処 かず

2021.12.01

椿といえば、冬の花の代表格。もっとも美しいとされるのは、厳寒期に咲く寒椿。その楚々とした姿を見事に再現しているのが、この生菓子である。やわらかな花びらのカーブはまるで本物の花のよう。芯には、道明寺粉を使ったもっちりとした生地が配されていて、ひとくちいただくと、まわりのきんとんとともに口の中で一体となって、えも言われぬ美味しさとなる。銘菓が多いこのお店で生菓子はどれも美味しいが、冬なら寒椿は必ず選びたい逸品。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • 畑 主税
  • バイヤー

全国1,000軒以上の和菓子店を巡り、10,000種類以上の和菓子を食べた高島屋全店の和菓子担当バイヤー。著作に「ニッポン全国和菓子の食べある記」(誠文堂新光社)。

http://blog.livedoor.jp/wagashibuyer/

pagetop