つながっている、ひろがってゆく。交流

交流トップページへ戻るボタン

記事検索アイコン
記事検索
CLOSE
このページをシェアする
  • ライン

No.
109
道具への愛着がより強く

原山竹細工店の原山昭俊さん指導のもと、竹細工作りを体験。竹を編む作業は、思っていた以上に力を要する。体全体に力を入れながら、手先に集中。完成したのは小さなおしぼり置きだけれど、一つのものができるまでに、どれだけの手間がかかるのか身をもって知ることができた。原山竹細工店では、かごやコーヒードリッパーなど日用品をお買い物。さっそく毎日愛用し、宝物の仲間入り。コーヒードリッパーとおしぼり置きは、毎日のおやつの時間に大活躍。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • 甲斐みのり
  • 文筆家

文筆家。静岡県富士宮市生まれ。旅や散歩、お菓子に手土産、クラシックホテル、暮らしなどを主な題材に執筆。著書は『ポケットに静岡百景』(ミルブックス)『地元パン手帖』(グラフィック社)など多数。近著は『アイスの旅』(グラフィック社)。

pagetop