つながっている、ひろがってゆく。交流

交流トップページへ戻るボタン

記事検索アイコン
記事検索
CLOSE
このページをシェアする
  • ライン

No.
110
駿河和染の老舗へ

駿府城跡の駿府公園前で、江戸時代末期から続く老舗染色工房「紺友染色工房」。美術大学で染色を学んだのち、4代目の父とともに「ろうけつ染め」で制作を行う染色職人・鈴木緑さん。暖簾、ファブリックパネル、バッグやストールなど、ゆったりと柔らかく現代の暮らしに自然に馴染む作品を見せていただいた。
緑さんの作品は、静岡の地域ブランド「駿河和染」や緑さんが所属する静岡の若手職人集団「するがクリエイティブ」のイベントなどで求めることができる。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • 甲斐みのり
  • 文筆家

文筆家。静岡県富士宮市生まれ。旅や散歩、手みやげ、クラシック建築、暮らしと雑貨などを主な題材に、書籍や雑誌に執筆。著書に『ポケットに静岡百景』など。最新刊は、これまでに綴った食にまつわる随筆を厳選し構成した『たべるたのしみ』(ミルブックス)がある。

pagetop