つながっている、ひろがってゆく。交流

交流トップページへ戻るボタン

記事検索アイコン
記事検索
CLOSE
このページをシェアする
  • ライン

No.
110
伝統技法の「ろうけつ染め」を体験

静岡の地域ブランド「駿河和染」の中で、唯一「ろうけつ染め」を行う「紺友染色工房」。工房では、溶かしたロウを筆にとって布に模様を描き、ヤマモモの植物染料で染めるまでの工程を体験。最初はかなり緊張しながら、蝶々、波、雨を模様に描くも、次第に慣れて心の底から楽しめた。筆を使う染物は、一点物ならではの揺らぎや味わいがある。緑さんは、地元の高校や市民講座の講師もしているそう。私もまた機会があれば、再びゆっくり全工程を体験してみたい。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • 甲斐みのり
  • 文筆家

文筆家。静岡県富士宮市生まれ。旅や散歩、手みやげ、クラシック建築、暮らしと雑貨などを主な題材に、書籍や雑誌に執筆。著書に『ポケットに静岡百景』など。最新刊は、これまでに綴った食にまつわる随筆を厳選し構成した『たべるたのしみ』(ミルブックス)がある。

pagetop