つながっている、ひろがってゆく。交流

交流トップページへ戻るボタン

記事検索アイコン
記事検索
CLOSE
このページをシェアする
  • ライン

No.
110
創業200年以上、まさに歴史の生き証人

「石部屋」は、安倍川餅とからみ餅の風味とともに、東海道の茶店の風情が残る店の佇まいも味がある。壁には、これまで店を訪れた著名人による短冊や絵、昔は自分たちで手摺りしていたというユニークな版画の掛け紙、明治時代の店の写真などが飾られていて、小上がりの席でお餅を食べながら、独特の雰囲気までも噛み締める。有吉佐和子さんの小説『香華』が置いてあったので尋ねてみると、小説に実名で登場するのだそう。日持ちは当日だが、安倍川餅はお土産用に持ち帰りもできる。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • 甲斐みのり
  • 文筆家

文筆家。静岡県富士宮市生まれ。旅や散歩、手みやげ、クラシック建築、暮らしと雑貨などを主な題材に、書籍や雑誌に執筆。著書に『ポケットに静岡百景』など。最新刊は、これまでに綴った食にまつわる随筆を厳選し構成した『たべるたのしみ』(ミルブックス)がある。