つながっている、ひろがってゆく。交流

交流トップページへ戻るボタン

記事検索アイコン
記事検索
CLOSE
このページをシェアする
  • ライン

No.
111
思わず夢中、組紐体験

職人が手作業で組紐を組む「手組」。そして、手組では難しいサイズや価格を抑えた商品の製造を可能にする「組紐機」。松島組紐店では、両方の利点を生かして組紐を作っている。組紐体験教室では、丸台という組台を使ってブレスレットやストラップを作る。説明を聞く段階では複雑に感じた作業も手を動かすうちにコツをつかみ、1時間の所要時間もあっという間に感じるほど没頭した。絹糸を使う伊賀組紐は、華やかな光沢とエレガンスな美しさがある。

このページをシェアする
  • ライン
  • 甲斐みのり
  • 文筆家

文筆家。静岡県富士宮市生まれ。旅や散歩、お菓子に手土産、クラシックホテル、暮らしなどを主な題材に執筆。著書は『ポケットに静岡百景』(ミルブックス)など多数。近著は『歩いて、食べる東京のおいしい名建築さんぽ』(エクスナレッジ)。

pagetop