つながっている、ひろがってゆく。交流

交流トップページへ戻るボタン

記事検索アイコン
記事検索
CLOSE
このページをシェアする
  • ライン

No.
111
俳人・松尾芭蕉ゆかりの建築へ

藤堂高虎が築いた石垣が残り、1935年(昭和10年)に復興した上野城天守閣や伊賀流忍者屋敷などの名所・旧跡がある上野公園。その一角に建つ俳聖殿は、『おくのほそ道』で知られる伊賀生まれの俳人・松尾芭蕉の生誕300年を記念して、1942年(昭和17年)に建設された。その形は、丸い屋根は笠、その下が顔、下層の屋根が蓑(みの)と衣を着た姿、堂は脚部、回廊の柱は杖と足というふうに芭蕉の旅姿を表現している。 堂内に安置されている芭蕉の等身大の伊賀焼きの座像は、毎年10月12日の芭蕉の命日「芭蕉祭」で間近に見られる。

このページをシェアする
  • ライン
  • 甲斐みのり
  • 文筆家

文筆家。静岡県富士宮市生まれ。旅や散歩、お菓子に手土産、クラシックホテル、暮らしなどを主な題材に執筆。著書は『ポケットに静岡百景』(ミルブックス)など多数。近著は『歩いて、食べる東京のおいしい名建築さんぽ』(エクスナレッジ)。