つながっている、ひろがってゆく。交流

交流トップページへ戻るボタン

記事検索アイコン
記事検索
CLOSE
このページをシェアする
  • ライン

No.
111
歯が鍛えられる!? 名物お菓子

伊賀忍者が食料として携帯していたと伝わる「かたやき」。伊賀銘菓として長らく愛され、その名の通り、とても堅く、その分、持ち運びしやすい。そして、長い期間の保存が可能。1897年(明治30年)創業の「森本芭蕉堂」が作る小麦粉、砂糖、胡麻など素朴な材料を使った昔ながらのかたやきには、木槌が付属するセットがあるほど。細かく割って、お茶や牛乳などと一緒に味わうのがオススメ。それから、通常のかたやきより食べやすいようにと考案されたのが柔らかい生地を使った「あん入りかたやき」。他にもピーナッツやきなこ入りのかたやきもある。

  • 甲斐みのり
  • 文筆家

文筆家。静岡県富士宮市生まれ。旅や散歩、お菓子に手土産、クラシックホテル、暮らしなどを主な題材に執筆。著書は『ポケットに静岡百景』(ミルブックス)『地元パン手帖』(グラフィック社)など多数。近著は『アイスの旅』(グラフィック社)。