つながっている、ひろがってゆく。交流

交流トップページへ戻るボタン

記事検索アイコン
記事検索
CLOSE
このページをシェアする
  • ライン

No.
111
美味しい変わりちらし寿司

1946年(昭和21年)創業の末廣寿司では、三代目が考案した忍者の里らしい、からくり仕掛けを楽しめるちらし寿司「忍者ちらし」が名物。伊賀米の酢飯に、海苔で描いた忍者の上に皿をかぶせて裏返すと具沢山のちらし寿司に変身する。卵、かんぴょう、里芋、たけのこ、山菜、タコ、穴子、れんこんなど、20種類以上の具がたっぷりのって、食べごたえもたっぷり。子どもやちょっとだけ味わいたい人のために、ミニサイズがあるのも嬉しい。

  • 甲斐みのり
  • 文筆家

文筆家。静岡県富士宮市生まれ。旅や散歩、お菓子に手土産、クラシックホテル、暮らしなどを主な題材に執筆。著書は『ポケットに静岡百景』(ミルブックス)など多数。近著は『歩いて、食べる東京のおいしい名建築さんぽ』(エクスナレッジ)。