つながっている、ひろがってゆく。交流

交流トップページへ戻るボタン

記事検索アイコン
記事検索
CLOSE
このページをシェアする
  • ライン
甲斐みのり 中部伝統通信

No.
115
招き猫だらけのストリート

2020.04.01

名鉄常滑駅から陶磁器会館に向かう途中の道「とこなめ招き猫通り」。日本一の招き猫の生産地である常滑市らしい風景を堪能できる。壁には、常滑市ゆかりの陶芸作家39人が手がけた「御利益陶製招き猫」が39体埋め込まれ、それぞれにさまざまなご利益があるそうだ。道路にかかる歩道橋の横からひょっこり顔を覗かせているのは、幅6.3m、高さ3.8mの「巨大招き猫」。通称「見守り猫・とこにゃん」として、常滑の町を見守っている。他にも、11体の「本物そっくりの猫」が配置され、町歩きする人を楽しませてくれる。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • 甲斐みのり
  • 文筆家

文筆家。静岡県富士宮市生まれ。旅や散歩、手みやげ、クラシック建築、暮らしと雑貨などを主な題材に、書籍や雑誌に執筆。著書に『ポケットに静岡百景』など。最新刊は『たべるたのしみ』(ミルブックス)。ドラマ『名建築で昼食を』(テレビ大阪・BSテレ東)の原案・監修を手がける。