つながっている、ひろがってゆく。交流

交流トップページへ戻るボタン

記事検索アイコン
記事検索
CLOSE
このページをシェアする
  • ライン
甲斐みのり 中部伝統通信

No.
115
窯を利用した居心地良いビストロ

2020.04.01

明治時代から1971年(昭和46年)まで、明治、大正、昭和の3時代にわたり、「共栄窯」という名で土管を生産していた工場を、バー&ビストロにリノベーション。以前はギャラリーとして使用され、映画のロケ場所として選ばれたことも。現在は、ランチ、ディナー、バー、ウェディングパーティーなど幅広く利用できる。「倒炎式角窯」として、土管を焼成していた窯の中につくられたバーカウンターがある部屋は圧巻。地元の食材を使ったランチをいただいたあと、敷地内の工房でつくられるケーキもじっくり味わった。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • 甲斐みのり
  • 文筆家

文筆家。静岡県富士宮市生まれ。旅や散歩、手みやげ、クラシック建築、暮らしと雑貨などを主な題材に、書籍や雑誌に執筆。著書に『ポケットに静岡百景』など。最新刊は『たべるたのしみ』(ミルブックス)。ドラマ『名建築で昼食を』(テレビ大阪・BSテレ東)の原案・監修を手がける。