つながっている、ひろがってゆく。交流
このページをシェアする
  • ライン
甲斐みのり 中部伝統通信

No.
115
焼きもの職人ゆかりのお菓子

2020.04.20

200年続く老舗和菓子屋で、焼き物の町・常滑市ならではのお菓子に出会った。棒状で素朴な味の餅「ほとくれ」は、火入れをして焼きあがるまで、窯につきっきりの焼き物職人が「ふところ」に入れて空腹を満たしたことから、その名がついたと言われる。数日かけて製粉した米粉を、ひとかたまりにまとめて一晩寝かせ、蒸したものを人の手で返し、生地の状態を確認しながら丁寧に仕上げる。味は、プレーンと黒糖の2種類。一度に多くつくれず製造日も限られるので、事前に予約や確認を。「御衣餅(あんころもち)」やこしあんをきな粉餅で包んだ「二軒茶屋」なども、餅とあんこの美味しさを堪能できる。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • 甲斐みのり
  • 文筆家

文筆家。静岡県富士宮市生まれ。旅や散歩、お菓子、手みやげ、クラシック建築、暮らしと雑貨など、女性が好み憧れる題材を書籍や雑誌に執筆。