つながっている、ひろがってゆく。交流

交流トップページへ戻るボタン

記事検索アイコン
記事検索
CLOSE
このページをシェアする
  • ライン
甲斐みのり 中部伝統通信

No.
116
和紙の魅力の発信拠点

2020.06.15

70年の歴史ある機械すき美濃和紙メーカーの丸重製紙企業組合が営む「Washi-nary」は、和紙の原料蔵を改装した和紙専門店。「ワインの世界を楽しむように和紙の世界を楽しんでほしい」との思いを持ち、和紙ソムリエに相談しながら用途や好みに合わせた和紙選びができる。

一方、1868年(明治元年)に紙問屋として創業した「シイング」は、もともとポチ袋や便箋など王道の和雑貨をつくっていたが、数年前から和風にとらわれない遊び心のある紙雑貨を生み出し、店売りにこだわらずさまざまなイベントへの出店を行う。どちらも伝統を守りながらも今の時代に柔軟に寄り添い、日頃はあまり和紙に馴染みのない人たちへも和紙の可能性や面白さを伝えてくれる。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • 甲斐みのり
  • 文筆家

文筆家。静岡県富士宮市生まれ。旅や散歩、手みやげ、クラシック建築、暮らしと雑貨などを主な題材に、書籍や雑誌に執筆。著書に『ポケットに静岡百景』など。最新刊は『たべるたのしみ』(ミルブックス)。ドラマ『名建築で昼食を』(テレビ大阪・BSテレ東)の原案・監修を手がける。