つながっている、ひろがってゆく。交流

交流トップページへ戻るボタン

記事検索アイコン
記事検索
CLOSE
このページをシェアする
  • ライン
甲斐みのり 中部伝統通信

No.
116
うだつの上がる町のこだわり菓子

2020.07.06

1950年(昭和25年)創業の和菓子店が営業を行うのは、江戸末期のうだつが上がる風情ある町家。名物は、かつては富の象徴とされたうだつがモチーフの「うだつの町」サブレ。手焼きで添加物不使用にこだわり、スライスアーモンドをまぶしてさっくりとした食感に。シナモンの風味をきかせたわらび餅に、きな粉をかけて味わう「花わらび」も人気。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • 甲斐みのり
  • 文筆家

文筆家。静岡県富士宮市生まれ。旅や散歩、手みやげ、クラシック建築、暮らしと雑貨などを主な題材に、書籍や雑誌に執筆。著書に『ポケットに静岡百景』など。最新刊は『たべるたのしみ』(ミルブックス)。ドラマ『名建築で昼食を』(テレビ大阪・BSテレ東)の原案・監修を手がける。