つながっている、ひろがってゆく。交流
このページをシェアする
  • ライン
甲斐みのり 中部伝統通信

No.
120
まちなかに佇むモダンな洋館

2021.08.23

岐阜県羽島市に生まれ、明治後期から昭和初期にかけて海運業で成功した海運王・日下部久太郎氏。米屋町の古いまちなみに、尾張藩本陣跡地に建てられた邸宅の中でも、洋館のみが今も残されている。
中に入ることはできないけれど、外から眺めるだけでも価値がある煉瓦造りの瀟洒(しょうしゃ)な建物。大正時代初期の建設当時、洋館はVIPの応接用として使われており、すでに取り壊れている木造総2階建の和館が本宅だった。
外灯や窓ガラスなど、ところどころにステンドグラスがあしらわれ、贅を尽くしているのが分かる。
道路をはさんで向かい側には、1907年(明治40年)に建設された洋館を利用して「桂翠館」という名で営業していたレストランの跡地(現在は閉館)も、歴史があるまちの面影を留める。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • 甲斐みのり
  • 文筆家

文筆家。旅や散歩、手みやげ、クラシック建築、暮らしと雑貨など を主な題材に執筆。著書多数。生まれ故郷である静岡県富士宮市を紹介する観光案内冊子『みやめぐり』の監修を手がけるなど多方面で活躍中。

http://www.loule.net/