つながっている、ひろがってゆく。交流
このページをシェアする
  • ライン
甲斐みのり 中部伝統通信

No.
121
北欧の意匠で人気の「都田駅」

2021.10.18

無人駅ながら多くの人がわざわざ訪れ、写真を撮ったりお茶を飲んだり、思い思いにのんびり過ごす天竜浜名湖鉄道「都田(みやこだ)」。築80年になる瓦屋根の趣ある駅舎を北欧のライフスタイルなどを中心に紹介・提案する地元の企業・都田建設が古材を活用しながらリノベーションを手がけた。
北欧・フィンランドのテキスタイルブランド「マリメッコ」のテキスタイルパネルを駅舎の壁紙に利用したり、日本の伝統建築の技術を活かした木製シャンデリアを飾ったり。日本×北欧の建築やデザインが優しく溶け合う、懐かしくもモダンな印象の空間に。
駅舎内の以前は薬局として使われていたスペースに「MIYAKODA駅Cafe」が曜日限定でオープン。マリメッコの食器で、心が和むコーヒーや手作りクッキーを味わえる。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • 甲斐みのり
  • 文筆家

文筆家。旅や散歩、手みやげ、クラシック建築、暮らしと雑貨など を主な題材に執筆。著書多数。生まれ故郷である静岡県富士宮市を紹介する観光案内冊子『みやめぐり』の監修を手がけるなど多方面で活躍中。

http://www.loule.net/