つながっている、ひろがってゆく。交流
このページをシェアする
  • ライン
甲斐みのり 中部伝統通信

No.
122
まちのあちこちに“せともの”発見

2022.01.04

愛知県瀬戸市で平安時代から千年以上の歴史を誇る瀬戸焼は、日本六古窯の一つ。「せともの」という言葉は陶磁器を表す代名詞に。そんな瀬戸のまちなかには、橋の欄干や道端の壁など、あらゆる場に陶磁器が使用されている。階段を陶磁器のかけらが彩る陶祖公園には、瀬戸陶業の祖とされる加藤四郎左衛門景正(藤四郎)公の業績を伝える世界最大級の大きさを誇る陶製の「陶祖碑」がある。また、招き猫の生産地にちなむ〈招き猫ミュージアム〉前の「巨大涅槃猫」像など、ユニークな風景も見つかる。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • 甲斐みのり
  • 文筆家

文筆家。旅や散歩、手みやげ、クラシック建築、暮らしと雑貨など を主な題材に執筆。著書多数。生まれ故郷である静岡県富士宮市を紹介する観光案内冊子『みやめぐり』の監修を手がけるなど多方面で活躍中。

http://www.loule.net/

pagetop