つながっている、ひろがってゆく。交流
このページをシェアする
  • ライン
甲斐みのり 中部伝統通信

No.
123
桶作りの一部を体験

2022.03.14

東海道の旧宿場町・関宿で140年続く「桶重おけじゅう」。作り置きをせず昔ながらの注文制を守っていることから、工房を訪れ、桶重オリジナルの花手桶を注文した。その際、四代目・服部 たけしさんに、花手桶を作る作業の一部を体験させていただけることに。服部さんが使用しているのは、明治時代から受け継がれているものもある、大切に手入れされた道具類。それらを使って側板の一部をカンナにかけた。最初はおそるおそるカンナを引いていたけれど、次第に勢いよく手を動かせるように。シュッシュッと小気味よく木が削れる音は、服部さんが木桶の美しい姿と同じように、気持ちを清々しく満たしてくれる。

このページをシェアする
  • ライン
関連タグ
  • 甲斐みのり
  • 文筆家

文筆家。旅や散歩、手みやげ、クラシック建築、暮らしと雑貨など を主な題材に執筆。著書多数。生まれ故郷である静岡県富士宮市を紹介する観光案内冊子『みやめぐり』の監修を手がけるなど多方面で活躍中。

http://www.loule.net/

pagetop