カフェで見る景色

カフェを愛する編集者・こんどうみきさんが中部地域のカフェをご紹介

本とベーグルを目当てに
緩やかな心地の平屋へ
モキチカフェ×本棚日陰
(静岡県浜松市)

February 15. 2023(Wed.)

読書が似合うカフェは
雨もよく似合う

カフェで読書に耽る時間がとても好き。だから、少々不思議なこの店名に惹かれて、訪ねてみたくなった。住宅街の路地へ入り、一度は通り過ぎてしまった青い瓦屋根の平屋。水玉模様の暖簾をくぐって引き戸を開けると、懐かしい空気と優しい笑顔の店主が迎えてくれた。

和室の押し入れを改造した本棚には、幅広いジャンルの書籍や雑誌が並んでいてワクワク。ここは小さな書店「本棚日陰」でもあって、店内で読むことも、購入することもできるそう。

ランチを注文した後、気になる一冊を手に取り畳の席で読んでいると、すぐ隣の台所から食欲を刺激する音と香りが……。ほどなく運ばれてきたベーグルサンドは、素材の組み合わせ方と食感が絶妙で、思わず笑みがこぼれるおいしさだった。北海道産小麦粉、白神こだま酵母、自然塩、粗糖で基本の生地を作り、一晩発酵させて朝に焼くというベーグルは看板商品であり、レジ前で8種類ほど販売も。そして、デザートセットに選んだ黒豆パウンドケーキとハーブティーにも癒やされながら、再び本の世界へ。

この日はあいにくの天気だったけれど、静けさの中でリズムを刻む雨音が心地よく、「雨の日を好んで来てくださるお客さまもいるんですよ」という店主の話に心から頷いた。とことん緩ませてもらえる魅力的な“家”に、また帰りたいと思わずにはいられない。

無添加ベーコン、りんご、大根のバルサミコソテーの
ベーグルサンド。具材は季節や仕入れによる。
間取りを生かしたさまざまな席がある。店名は、
大正~昭和前期に活躍した歌人・医師の名前から。
60歳を前に「庭のある小さな一軒家で営みたい」と
移転を叶えた店主。ベーグルは作り続けて15年だとか。
築47年の民家を利用。暖簾は染色家の山内武志さん
による作品で、工房へ何度も足を運んで選んだそう。

店舗情報

モキチカフェ×本棚日陰
2022年に浜松市東区から移転。約100冊の本に
囲まれてくつろげる。無農薬野菜やオーガニック
コーヒーなど、素材へのこだわりも嬉しい。

MAP

〒433-8122静岡県浜松市中区上島6-18-46
電話番号:053-568-1390
上部へ戻る