クリス・グレンの教えて!グッドジェネレーション

ラジオDJのクリス・グレンさんが、中部地域で新しいビジネスに挑戦している人を訪ねます!

サウナは「ばづくり」のひとつ
株式会社LEO
(三重県菰野町/愛知県名古屋市)(2/4)

September 12. 2023(Tue.)

未来へ繋がる新しい取り組みをおこなっている企業や団体をラジオDJのクリス・グレンさんが訪ねるコーナー。今回ご紹介するのは、愛知県名古屋市に本社を置く「株式会社LEO(レオ)」。ゼロの状態から事業を起こすアントレプレナー(起業家)の育成やスタートアップ支援、事業創造のための施設運営などをおこなっています。2回目の今回は、三重県菰野(こもの)町で運営しているサウナ施設「AOU no MORI」ができた背景を代表の粟生万琴(あおう まこと)さんに伺いました。

AOU no MORI ~ CO-CREATION SPACE ~
https://leopards.co.jp/service/aounomori

ー前回の記事はこちら
ただのリラクゼーション施設ではない森の中のサウナ 株式会社LEO(三重県菰野町/愛知県名古屋市)(1/4)

「AOU no MORI」は、緑に
囲まれた清々しいスポット。

“好き”から始まった
サウナづくり

そもそも、なぜ「サウナ」なのか。それは、粟生さんご自身の「やってみたい」という思いから始まりました。
「東京で働いていたときに、サウナブームが来ました。その頃、夜仕事終わりにお酒を飲んで、また朝からバリバリ仕事をするという生活はもう年齢的に合わなくなってきていて、終業後はサウナに行ってリフレッシュして、次の日の朝スッキリして仕事に取り掛かるといったワークスタイルに。それですっかりサウナ好きになって名古屋に戻ってきたら、女性が入れるサウナが少ない。じゃあ自分でつくってしまおうと。同時に、出身地である三重県で何か役に立つことができればという思いもあり、三重県からの支援も受けられるということでいろいろなご縁やタイミングが重なり実現しました」(粟生さん)

コンセプトに“CO-CREATION”と掲げている通り、「共創」がテーマ。新たな事業や価値をつくることをサポートするサウナ施設です。ワークスペースには数時間で施工ができる「インスタントハウス」の初号モデルを採用しました。サウナで使用するハーブは、名古屋大学発のスタートアップ企業・株式会社TOWINGの高機能ソイル技術で生み出されるバイオ炭で育てています。これらはともに持続可能な成長をしていきたいという考えから。

「ここで、以前ご紹介したTOWINGさんが繋がるとは! 彼らのスタートアップもサポートしていたんですね」(クリスさん)
https://koryu.chuden.co.jp/generation_7

タオルは、奈良の白雪ふきんのもの。
サウナハットは粟生さんの手づくり。
いずれもレンタル可能。

行動力と推進力で
たった6カ月でオープン

名古屋工業大学の先生にAOU no MORIの設計図を書いてもらい、建設に乗り出したものの、素人集団が手づくりで設営していたため、なかなかうまくいきません。
「設計上・理論上はできるはずが、実際やってみると上手くいなかい。その連続でした。問題があると、ひとつひとつ考えながらクリアしていきました」(粟生さん)
接客の経験もない素人集団でしたが周囲の力添えもあり、2021年4月にオープンしました。

「粟生さんが構想してからわずか半年!その行動力には驚かされます」(クリスさん)

「コロナ禍でのスタートとなりましたが、自然の中で、しかも完全貸し切りのプライベート施設ということもあり週末はほぼ予約が埋まる状態のままオープンから現在まで運営してきました」(粟生さん)

「インスタントハウス」の施工風景。

新たなもの・ことを
生み出すための「ばづくり」

「『AOU no MORI』は、LEOの事業のなかでどのような位置づけなのでしょうか?」(クリスさん)

LEOの事業は、大きく「ひとづくり」「もの・ことづくり」「ばづくり」「まちづくり」に分けられます。
「当社の主たる仕事は新規事業コンサルティングです。つまり、事業をつくる『もの・ことづくり』と事業をつくる人を育てる『ひとづくり』です。それらに繋げるための『ばづくり』のひとつにAOU no MORIがあるのです」(粟生さん)。

2019年から、名古屋市西区・那古野で、廃校となった小学校を活用したスタートアップやベンチャーの育成拠点「なごのキャンパス」のプロデュースを手がける同社。この「なごのキャンパス」に続く「ばづくり」として、「AOU no MORI」が生まれました。まちなかにあるインキュベーション施設と、自然のなかにある「共創」がテーマのリラクゼーションスポット。対象的な「ば」ですが、いずれも新しい事業や価値を生み出すためという目的は同じです。


次回は、LEOが社会で果たす役割と、そこにつながる粟生さんの経歴についてお聞きします。

「なごのキャンパス」の コワーキングスペース。
株式会社LEO
2020年事業開始。「つくることを通じ前進する」をミッションに、起業の新規事業コンサルティングや、サービス立ち上げに伴うソフトウェア開発、起業家人材の育成サポート、学生向けのアントレプレナーシップ教育、自社による新しいサービスの創出をおこなっている。

愛知県名古屋市西区那古野2-14-1 なごのキャンパス
上部へ戻る