自分時間

余暇を充実させるための新たな視点をビジュアルとエッセイでご提案

きららの森でヒーリングタイム。
原生林の中でコーヒーを楽しむ

April 28. 2023(Fri.)

癒しをもたらしてくれる自然、日常の小休止に寄り添うコーヒー。そのふたつを一度に味わってみたい……。

そんな贅沢な時間を叶える旅を今回を含め3回にわたってお届け。
現地でコーヒーを淹れるため同行してくれるのは、自家焙煎の移動珈琲店を営む『gina coffee』の増島有彩さんだ。

今回訪れたのは、愛知県設楽町に位置する段戸裏谷原生林「きららの森」。天然林が広がる豊かな自然でコーヒーを楽しむ1日を計画した。

※段戸裏谷原生林「きららの森」内での火気の使用は厳禁です。今回の撮影では、保温瓶に入れたお湯を使用しています。

撮影協力/gina coffee
https://ginacoffee.base.shop/
https://www.instagram.com/gina_coffee___/

段戸湖駐車場から林道へ。

段戸裏谷原生林「きららの森」

「きららの森」は、愛知県内最大級の規模を誇る天然ブナの原生林で有名だ。名古屋から車で約2時間ほど、山道をゆっくりと上り、段戸湖の隣から森に入る。

段戸湖には釣り人の姿も。
谷間を歩くコースは、緩やかな坂道が続く。
案内所の方に教えていただいた、大きなブナの木。

途中、樹齢200年ほどのブナの巨木に出会う。大きなコブが出ていたり、太い根っこや枝がうねっていたり、自然の力を感じる。

そんな生命力溢れる場所で、1杯目のコーヒーを飲むことにした。

手回しの焙煎機で丁寧に焼いた豆。

今日のために持ってきたルワンダの中煎り。アフリカ産らしい土っぽさと華やかなコクが特徴の有機栽培コーヒーだ。

手回しのミルで豆を挽く。

豆を挽くと、だんだん香ばしい香りが辺りに広がる。

職人が一つひとつ手編みして作った金網ドリッパー。

豆がプクウッと膨らんでいく様子は、豆が新鮮な証。こだわりの金網ドリッパーは、使い込むほど風合いが増し愛着が湧く銅素材。美しい見た目に加え、外で淹れる野趣感も高めてくれる。

倒れてもなお生命力を感じる巨木の切り株で。

大木に囲まれてドリップする。あたりは鳥のさえずりすら聞こえないほど、シンと静かな空間だった。ただコーヒーがコポコポと落ちていく音だけが響いていた。

お湯は保温瓶で携帯。

今回持ってきた器具は、アウトドアに適した軽くて携帯しやすいもの。
ステンレスを基調としたシンプルで飽きのこないデザインだ。

丸太に持たれながらひと口。至福の時間。

丸太に持たれながらひと口。至福の時間。

丸太に持たれながらひと口。至福の時間。

一口飲むと、土っぽさの後に来る華やかな香りと味に驚いた。

ゆるやかな尾根と斜面を歩くコースを散策。

淹れたてのコーヒーを飲んだら元気が湧いてきた。先へと続く山道を歩いていく。

至るところで目にする、
隆々とした瘤が印象的。
青々とした風景が目の前に。

歩き進めると、さっきまで枯れ木が多かった景色が一変。常緑樹の森へと突入した。すると日差しも刺してきて、春の訪れを感じた。

五六橋まで辿り着けば、あとはなだらかなハイキングコースに。

山道が終わり、目の前には五六橋と裏谷川が現れた。

巨木の間をぬうように流れる裏谷川。

もう一杯は、さっきと雰囲気が異なる川辺で淹れてみよう。そう思いついて落ち着ける場所を探し、のんびりと準備を開始。

苔に覆われた丸太の上で。

絨毯のように柔らかくて気持ちいい苔のテーブルの上で。

絨毯のように柔らかくて気持ちいい苔のテーブルの上で。

絨毯のように柔らかくて気持ちいい苔のテーブルの上で。

川辺で飲む一杯は、森の中よりも清々しい後味を残してくれた。同じ森でも、見える景色はさまざま。五感で得られる情報もまた違う。
視覚、聴覚、嗅覚、それぞれが相互作用しあって、一つの味ができあがっているのだと実感した。

一杯のコーヒーを淹れる少しの間、まるで瞑想しているような感覚に陥る。慌ただしい日常から解放され、自然の中で、エネルギーが充填されるような……、そんな時間だった。


今回撮影で使用したコーヒー豆は、gina coffeeのウェブサイトで購入可能。
https://ginacoffee.base.shop/items/73833800(ルワンダ100g)
https://ginacoffee.base.shop/items/73834165(ルワンダ200g)

MAP

段戸裏谷原生林「きららの森」
〒441-2221
愛知県北設楽郡設楽町田峯字段戸1-1

(以下の電話番号は設楽町観光協会)
電話番号:0536-62-1000
上部へ戻る